久し振りのバイク ネタ。

3か月余り放置プレイをしていると、バイクのバッテリーも

あがるてぇもんだ。

 

冬場は、寒ぃからついついほったらかしにしてたら、いざ乗ろうと

した時にエンジンちゃんは掛からない。満開の桜を見に出掛けようと

意気揚々とバイクにまたがっても「うんともすんとも」言わない。

 

そぅなるてぇと、バイクの場合は押し掛けあるのみ。

 

息を整え、全身のバネをきかせ

ギヤはサード、軽く弾みをつけて・・・

 

「どぅぉりゃぁぁぁー。」

 

勢いに乗ったところで、クラッチを繋ぐ。

 

「プスン」ザザザーッ。駄目だこりゃ!!

 

放置プレイが長かった分、

1度や2度ではエンジンちゃんは掛からない。

 

5〜6回やって、やっとエンジンが火を噴く・・・けど、わっちの心臓は

止まりそうだぜ。(T_T)

 

酸欠と心臓負担、死ぬかと思ったぞ。

 

エンジンが掛れば、後はこっちのもんだけど出先でエンストとか、

2号線のど真ん中でエンストとかしたら死に直結だからバッテリーを

買い替える事にしました。今のバッテリーは付け替えてから2年は

経ってるから買換えの時期だな。昨日はそのまま乗ったけどね(笑)

 

ちーなみに、

ホンダで純正品を変えると((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

代替品で対応すれば、数千円。

 

自分で変えれば工賃は要らないし、愛着も沸くし(#^.^#) えへへ。

 

ついでにオイル交換もしとくかな。

 

あっ、フロントブレーキパッドの交換もしとくかなって、

わっちの小遣い吹っ飛ぶぜ。

author:Takaちゃん, category:つれづれ日記, 17:56
comments(0), pookmark
コロナ。

コロナパニック。

眼鏡業界も多大な影響を受けている。

 

先ず、レンズ工場。

現在、海外に工場を持つメーカーは有事の際に向けて工場を3拠点にわけ

運営している。これは十数年前の1拠点集中制作していた工場が

洪水で水没して復帰に半年以上掛かった経験からだった。

 

しかし、この度はコロナショックが世界規模で蔓延していて

有事の際にと分けて運営していた工場その全てが影響を受け

機能していないらしい。

 

通常通りだと1週間で仕上がってくるレンズも今や約2週間かかる始末。

でも時として、奇跡も起きる。

 

4日前に発注したレンズ、発送日は随分先だったが本日届いた。

工場の方々、運送業者の方々の並々ならぬ努力の賜物だと感謝したい。

本当にありがたかった。

 

 

 

 

今みんなが、大変な時。

 

感染拡大を少しでも防ぐため

それぞれが出来る事をしっかりとやるしかない。

 

10番目の男。今の世界には必要かもしれないな。

 

 

-追記-

10番目の男。

映画「ワールド・ウォーZ / World War Z」より

 

 

 

author:Takaちゃん, category:つれづれ日記, 12:38
comments(0), pookmark
『筆舌に尽くしがたい』

焼き物に詳しくない人でも一度くらいは聞いたことのある『九谷焼』。

石川県南部地方(金沢市・小松市・加賀市・能美市)で生産されている陶磁器は、

色鮮やかな色彩と大胆な絵付けが魅力的です。

 

実は、

わたくし福井から石川県加賀市まで足を延ばしました。

『山本長左 陶房』を見学するためです。

 

山本長左、ご存じあろうか?

検索してちょ。

凄い方なのです。とにかく凄い方なのです。

 

道に迷いながらも、陶房を訪ね お話を聞かせてもらいました。

残念ながら長左先生は東京の展示会からお戻りになられたばかりで、

このご時世東京からの帰宅という事で作業場には

顔を出されていませんでしたが、代わりに専務の山本大輔さんに

色々と貴重なお話を聞かせて頂き普段使いの日用品から

筆舌に尽くしがたい』ものまで拝見させて頂きました。

大輔さん、その節はありがとうございました

 

んでね、

山本大輔さんの話を聞いてると、どうにも欲しくなり

展示販売されているという金沢市駅前の『黒龍堂』へ

http://www.kokuryudo.com/

 

ここはねぇ、もぅ本物です。

 

わっちは子供戻ったみたいに大はしゃぎです(笑)

喉から手が出るほど欲しい器たちが鎮座しとりました。もぅね、店の主に

笑われるぐらいに器を手に取り、

 

「この器には、どどーんとイモの煮っころがしを盛り付け」とか

「このかわいい四角の器には、胡麻豆腐に木の芽をそえて」とか

「おぉっ、これは小ぶり鮎の塩焼きを盛り付けて・・」

 

わっちゃぁ料理人か(笑)

 

わっちのひとり言に店の主も、ご満悦の様子。

 

皆様ご存知と思いますが、器を見るときは

時計や指輪、ブレスレットは必ず外してくださいね。間違っても器を

手に取り天高く掲げ器の底を見るとかしたら店から叩き出されますよ。

 

手に取る時は両手で「そっと」

底を見るときは、床に膝をつきテーブルの近くで傾けてみてくださいね。

大袈裟とか茶道かょと言わずにそれぐらい慎重に眺めさせてもらいましょう。

 

てか、最初の所作で見抜かれますので、良い物からは遠ざけられます。

 

ほぃで、

買いました。

 

山本長左 陶房  専務 山本大輔さんの作品。

 

これがまたとても良いのです。

 

わっちはこの器に フルーツを1粒。

 

大振りのイチゴとかマスカットとか・・宝石の如く

 

漆塗りの蓋がついているので、蓋を開けた時に驚いてくれたら楽しいでしょ。

 

てな事を店主に話したら、なるほど  と感心した様子が伺えました。

 

大輔さんの作品、ご興味がわきましたら当店まで。

 

気が向けば、フルーツを添えてお出しするかも・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:Takaちゃん, category:つれづれ日記, 16:19
comments(0), pookmark
鯖江。

25日26日の2日間、眼鏡の聖地と言われている

福井県鯖江市に行って来ました!!

 

広島から車で約7時間。

中々の距離です(笑) (≧◇≦) 腰とケツが悲鳴をあげるぜ!!

 

目的は、気になっていたメーカーへの見学と良い物があれば

仕入れをと考えていたのですが、なんせこのご時世・・

工場見学はすべてキャンセル。タイミングは最悪でしたな(>_<)

 

それでもそんな中、唯一快く見学をさせてくれたのが

『卸・小売  田中眼鏡』さんです。

https://tanakagannkyou.com/

 

本店と福井駅前の2号店とがありそのどちらにも伺いました。

先に福井店から伺ったのですが、こちらは福井駅西口から

歩いておよそ5分。駅前電車通り沿いにあります。

 

 

店長の原さんは女性の方で、眼鏡好きが高じて眼鏡屋の店長になった方

なので、そのメガネ愛たるは素晴らしいものです!! (* ̄▽ ̄)フフフッ♪

しかも、可愛いときてるからファンも多んじゃないかな・・。

 

店内の写真は、ブログUPの確認をしていないのでUPしませんが

センスの良いディスプレイに商品構成も良いです。一見の価値あり

検索すると出てきますので、ご覧になって下さいなっと。

 

次、神明町にある本店へ。

 

到着が夕方遅くなり、

しかも接客中にもかかわらず快く受け入れて下さりました。

お忙しい中、誠にありがとうございました。

 

お邪魔にならない様に、接客を拝見しておりましたが田中社長の

プロとして専門店としてのスタンスには学ぶものがありました。

これは自店においても真似したいと思います。

 

もっと時間があれば、田中社長と眼鏡談義をしたかったですね。

と言うのも、おこがましいかもしれませんが・・・、

社長、わっちと同じ匂いがします(≧◇≦) 

 

こんなご時世で、またお忙しいのに時間を作って下さった田中社長と原店長

には心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 

author:Takaちゃん, category:つれづれ日記, 15:26
comments(0), pookmark
「至福の一杯」

「至福の一杯」を飲みたくなり、古江にある

こうしい屋 蛇舞珈亭/じゃまいかてい へ夫婦で出掛けました。

https://jamaikatei.com/

 

此方のお店は古くは並木通りにありその後、古江の現住所へ。

 

「至福の一杯」

コーヒーはネルドリップ注文を受けてから

豆を量り挽く。

沸いたお湯を注ぐ
ゆっくりと
時間をかけて淹れる。HPより

 

マスター渾身の一杯。

 

最大限に旨味を引き出されたそのコーヒーは

最初の一口で、飲み手を感動させる。

 

久し振りに、本当においしいコーヒーを頂きました。

 

 

 

author:Takaちゃん, category:つれづれ日記, 15:32
comments(0), pookmark
エキニシ

昨夜、

近所の愉快な仲間たちとエキニシへ飲みに出掛けました。

エキニシ界隈はここ最近とても元気のある場所で、予約も中々

取れない場所になりました。

 

 

エキニシって、

広島駅の西側に位置する昔ながらの家屋が残った場所で

それはとても昭和ノスタルジックで、我々おっさん世代にはどこか懐かしく

親しみやすく心落ち着く居心地の良いところなのです。

 

その一角にある「ホルモン焼肉 やまと 」へお邪魔しました。

ここのホルモンは、凄く丁寧に下処理がなされているのでお肉もとても

綺麗。臭みも無く隠し包丁もしっかりいれてあるので何とも食べ易い。

歯が弱くなりつつあるおっさん達には有難い手仕事ですな(笑)

 

店内は、さほど広くないが1階カウンターと2階テーブル席があり

この適度な広さと言うか空間がまた居心地の良さを生み出している。

 

常連になりカウンター席で、女性店主と談笑しながら

ホルモンを食べれたらなんかそれだけで、エキニシの一員になれるような

気がする。

 

この界隈はまだまだ わっち的には未開発な地域なのでこれからしばしば

愉快な仲間たちを連れ沿って開拓していくかな。

 

うまそうな店が軒を連ねる、魅力的な町 「エキニシ」

 

興味のある方は是非一度、お試しあれ。

 

懐にも優しい町ですぞ!!

 

 

 

 

author:Takaちゃん, category:つれづれ日記, 11:06
comments(0), pookmark
コロナのせいで・・。

テレビを付けると各局、コロナコロナ。

WHOパンデミック発表!!

 

色々と後手に回ってしまった様で、各所に多大な影響が

でとります。それはメガネ業界も同じで、春の展示会

軒並み中止ですわ。新作の仕入れとか在庫補充とか中々困難に

なってきてます。

 

(・_・;) うーーーーーん、どうしたものか。

 

月末に眼鏡の聖地 福井県鯖江に行こうと思っていますが、

色々なメーカーさんに

「このご時世ですので工場見学等はお断りしております」だって。

 

(・_・;) うーーーーーん、宿を取っているのに。

 

こりゃぁ時期をずらしてお伺いするかなぁ?

 

 

author:Takaちゃん, category:つれづれ日記, 11:03
comments(0), pookmark
55

本日、わたくし55歳になりました。

いゃぁ四捨五入すると60です!!  超ウケる(笑)

 

何と申しましょうか、この歳まで大病することもなく元気に

過ごせたことはご先祖様のお陰、家族友人知人のお陰であります。

心よりお礼申し上げます。皆様ありがとうございます。

 

さて、わたくし55歳となりまして何かひとつ新しい挑戦をしたいと

考えております。まだ決めてはいませんが、そぅ今まで一度も取り組んだ

ことのない事に挑戦してみたいと思っています。

 

決まりましたら、ブログにUPします。

 

 

-追記-

 

昨日 散髪に行ったので、何だかおでこが広い(笑)

author:Takaちゃん, category:つれづれ日記, 10:51
comments(0), pookmark
いづうの鯖姿寿司。

『いづうの鯖姿寿司』

http://izuu.jp/sushi/

 

京都の町衆がお祭などのおめでたい「晴れの日」に

好んでいただくいづうの鯖姿寿司。わっちゃぁ、コレに目が無くて

大大大好物なんす。

 

いづうの鯖姿寿司を食わずして、鯖寿司を語るなかれってくらいの

逸品です。ただ、こちら中々のお値段なのでそうそうお口には出来ませんが

それでもピンからキリまでと言う言葉があるようにピン(逸品)を知っていれば

他と食べ比べた時の基準になろうかと思います。

 

てなことで、実食。

 

 

包み紙も季節ごとに変わるみたいですね。さすがです!!

 

 

んんーん、艶々して美しい仕上がりです。

惚れ惚れする手仕事ですな。

くぅーーーーーーーーー、もぅ我慢できねぇぇぇ。

 

ぱくっ。

 

はぅわっ、美味ぇぇぇぇぇぇっ。しっとりと口に広がる

上品な鯖の脂、そして主張し過ぎない酢の塩梅。

参りました。

 

ひとりで丸々1本食べれるぞ・・。もぅコレ来年の恵方巻に

認定したいわ。全国民コレを咥えて恵方を向いて鯖といづうさんに

感謝してして欲しいくらいだぜ。

 

 

-追記-

 

『いづうの鯖姿寿司』現在 広島八丁堀 福屋本店で開催中の

春を彩る京都展で販売中です。ご興味が湧いた方は3月3日まで

開催されているので訪ねてみてはいかがですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

author:Takaちゃん, category:つれづれ日記, 12:22
comments(0), pookmark
マチュピチュ。

我が家の

本日のコーヒー豆は、こちらです!!

 

 

ペルー マチュピチュ ロースト4 グラインド

すごく香りが良く飲み易いコーヒーです。

カミさんこのコーヒーを飲んだ時、涙が出たそうです。

 

わっちは、涙とまではいかないけど1口飲んだ時に

「グランメゾン東京」尾花夏樹の様に 天を仰いだょん。(#^.^#)

 

部屋に残るコーヒーの余韻は今一度コーヒーの味を思い出させ

しあわせな気持ちにしてくれます。

うーーーん ★★★三ツ星です。

author:Takaちゃん, category:つれづれ日記, 15:02
comments(0), pookmark