昨日、「ハート・ロッカー」 見た。

兵士達の異常とも言える日常が、こんなに淡々と描かれる戦争映画は始めて。
こりゃ、アカデミー取るなと実感してたら、案の定

第82回 アカデミー賞 「ハート・ロッカー」 監督賞と作品賞を共に受賞! 
キャスリン・ビグローという、女性初のアカデミー賞受賞監督が誕生した。

この映画の何が凄いかって、現地の兵士達の日常の描写。
皆が皆、この国が嫌いでたまらないのに、淡々と任務を果たしていく姿は理解を超え、異常としか思えない。そもそも何の為にここに居るのかさえ分からなくなってしまう彼らの苦悩が、見ている側にじわじわと伝わってきます・・・

軍はこの国からは即刻、撤退すべきだな。
そして、その後 この国にしかるべき支援をするべきだと思う。


アカデミー 監督賞・作品賞を取ったからと言って、軽い気持ちで見に行くと、後悔しますよ・・




-参考写真-

 

author:Takaちゃん, category:映画, 15:36
comments(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:36
-, pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。